吹き出し投稿「Speech Bubble」の使い方

のん
スピーチバブルの説明です
まりこ
スピーチバブルってなんですかぁ??
のん
スピーチバブルとは、この会話のように、
写真と吹き出しをセットで表示して、
会話形式で読者に見せる方法です。
まりこ
へ~~。
それがなんかの役にたつんですかぁ??
普通のブログでいいじゃないですかぁ~~
のん
どう役に立つか?
吹き出しを使うことで、「会話」をイメージさせることができるのね。
するとこの記事を読んでいる方は、同じ会話の中に入っているような体験ができるのよ。
よりリアルに話がスーッと入ってくるような。

そう。ある意味 “まんがで読ませる” 手法に近いわね。

まりこ
へーそうなんだぁ。
あれ?

この会話も1つひとつが吹き出しに入っていることで、
それが区切りになって読みやすいかも・・・

 

スピーチバブルの使い方

投稿画面で下記のようなショートコードを挿入することで、
吹き出し表示をすることができます。

201608172300

上のようなショートコードを入れると、下記のように表示されます。

池田
ここにセリフを入れます

 

おもしろいですね( *´艸`)

 

 

ショートコードの説明

 

201608172306

1.吹き出しの種類

この「type=”○”」を変更することで、吹き出しの種類を変えることができます。

2.吹き出しの向き

subType=”L1″ ⇒ 左にアイコン

subType=”R1″ ⇒ 右にアイコン

が表示されます。

3.吹き出の人のアイコン

画像のファイル名を入れることで、表示されます。

▼画像のアップ先

FTPでサイトにアクセスし、

wp-content > plugins > speech-bubble > img

↑ここの「img」フォルダに画像をアップします。
※詳細な説明は別ページで行います

4.話している人の名前

「name=”○○”」の○○の部分に名前を入力すると、下記のように表示されます。

まりこ
私の名前わかるかしら?!

 

吹き出し 表示形式一覧

先に説明した「吹き出しの種類」を変更する、具体的な方法の説明です。

201608170937

この中の「type=”○○”」を変更することで、吹き出しの表示形式を変更することができます。
いろいろな吹き出しの表現を利用して、より読んでいる方へ疑似体験していただきましょう!

drop

池田
ドロップ表示左
池田
ドロップ表示右

std

池田
スタンダード表示左
池田
スタンダード表示右

fb

池田
Facebook風表示左
池田
Facebook風表示右

fb-flat

池田
Facebook風表示左
池田
Facebook風表示右

ln

池田
LINE風表示左
池田
LINE風表示右

ln-flat

池田
LINE風表示左
池田
LINE風表示右

pink

池田
Pink表示左
池田
Pink表示右

rtail

池田
rtail表示左
池田
rtail表示右

think

池田
考え風表示左
池田
考え風表示右

 

 

のん
どうでしたか?
とっても楽しい機能でしょ!!
ぜひ活用くださいね。

 

より詳しく説明している外部サイト

詳しく説明しているサイトはこちら。

★【WordPress】会話形式の吹出しSpeech Bubbleプラグインの使い方

 

ショートコードを登録して、簡単に投稿するために

まりこ
ちょっとぉ!ショートコードなんて覚えられないわよ!
のん
そんな時はこれを使ってみよう~~~~↓↓

 

 

AddQuickタグ機能を利用すると、更に簡単にSpeech Bubbleを使うことができます!!

外部サイトになりますが、投稿エディターで簡単にショートコードを挿入できる詳しい説明が書いてあります。
ぜひ参考にしてトライしてみてください。

便利なプラグイン「AddQuicktag」の使い方を知らないWordPressユーザーは人生損してる

 

のん
どうしてもわからない時は、担当プロデューサーに気軽に聞いて下さいね!

 

ちょっと説明が長いですが、ゆっくり読んで設定してみてください。

なお!!

のん
AddQuickタグのプラグインは導入済み、稼働チェック済みですので
インストールをする必要はありません。

 

 

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加