レスポンシブ可能なYouTube投稿

YouTubeの埋め込みタグを入れるだけでは、レスポンシブが効きません。

レスポンシブが効かないということは、スマホで見たときに『表示崩れ』が起こり、
お客様はとても鑑賞しづらい状態となってしまいます。

 

レスポンシブの効いたYouTubeを投稿して、お客様にはノンストレスで
ご覧いただけるように心がけましょう!

 

YouTubeより共有URLを取得

youtube001
掲載したいYouTubeの「共有」をクリックします

URLを取得します

youtube002
赤丸の部分をコピーします

WordPressの投稿画面の「ショートコードを挿入」をクリック

youtube003
WordPressの投稿画面に戻り、YouTubeを投稿したい箇所にカーソルを置いたら、エディター上部の「ショートコードを挿入」をクリックします。

「高度なYouTube」を選択

youtube004
表示された一覧の中より「高度なYouTube」を選択します

設定をしていきます

youtube005
設定画面で

 

  • check-1レスポンシブ(はい)
  • check-1自動再生(いいえ)
  • check-1関連動画(いいえ)

 

に設定しておくのが良いでしょう。

他の設定は任意で大丈夫です。

ショートコードを挿入

youtube006
設定が完了したら、「ショートコードを挿入」をクリックしてください。

これでレスポンシブの効いたYoutube投稿ができました。

表示して確認してください。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加